【フーコック島の闇!観光客もびっくり】人気リゾート地フーコック島にも”ゴミの山”

はい、どーもこんにちは山本ナオヤです。
フーコック島でやることない人取り敢えずBestin Coffeeに行くとドリンク1杯で粘れる!客あんまりいないしワイファイ強いんでおすすめ!

はい、と言うことで今回ですけどもテレ朝の「タイのサムイ島でゴミ問題が深刻化」と言う報道に乗っかりました。皆さん知らないかも知れませんが、ここフーコック島で観光客の増加によりゴミ問題が深刻化しつつあります。リゾート地が隠したい闇なのかも知れませんね。

タイのサムイ島のニュースはこちらから!

フーコック島はこれからまだまだ発展の兆しがあり、既存の中国、ロシア、タイに続いて来年からはクアラルンプールや韓国からの定期直行便が増設されます。ベトナム国内線ではホーチミンだけでも一日20便弱が運行されてます。

2014年の観光客数は年間400,000人だったのに対して、2018年は2,000,000人に及ぶ観光客数の見通しを観光庁は立てているようです!5倍の増加って凄いよなー!

それでは、日本からも多く訪れるベトナムのフーコック島で非常事態!常夏のリゾート地のイメージが崩れるような大量のゴミで溢れかえっている訳を説明したいと思います。

手つかずの自然が多く残されており静かでいいところというイメージの裏には?!

癒しを求めてやってくる方にとって、ベトナム南部に浮かぶフーコック島は本当にいいところで、年間今では2,000,000人の観光客が訪れる都市になりました。

ビーチあり!

新鮮な海の幸あり!

ところが観光客の目が届かない場所で、目を疑うものがありました!

こちら市街地から島の北にいく道中にあるんですが、軽く10,000平米は超えるだろう敷地に高々と積み上げられたゴミ山。

周囲を通るだけで悪臭が漂い、乗車するのに車をちょっとでも開けると車内に強烈な匂いがこびりついてしまいました。

周辺には家屋もあり、周辺住民からのクレームが凄いようです!リゾート地の開発もこの周辺で行われているのでベトナム政府はマジで何とかしないといけませんね。

ゴミ山から100メートルもしないところで建設中のリゾート地。

周辺には家屋も集中していました。

ゴミ山が蓄積されたのにはある重大な事情があった

ベトナム国営紙で正式に発表された情報によると、ベトナム政府は既に民間のゴミ収集会社1社と契約し230,000,000,000VND(日本円で約10億円)でゴミの集積所をBai Bon区に作ったようです。

が、2017年12月に機械の故障により、収集所の稼働が一部ストップしたようです。

ただ、公式発表によるとフーコック島内で放棄されるゴミの量は少なく見積もっても1日で300トンはあるようで既にゴミ収集所のキャパシティを超えてるとのこと。

周辺住民からのクレームやリゾートホテルからの圧力等もあって、今年に入ってベトナム政府は民間会社との契約を打ち切ったと公式に発表!

こちらが契約解除の文書ですが、ググれば簡単に出てきました。

問題は契約解除にあるのではなく、ベトナム政府は代替となるより大きなスケールでゴミ収集所の稼働経験のある会社を早急に見つけなければならないということです。

ゴミ問題は観光客のマナーや常識でも防げる部分はある

既存の問題は島内でのゴミの投棄も問題になっています!

島の南端のBai Kem(ケムビーチ)には大量のゴミが投棄されて、周辺レストランやケムビーチの管理人を困らせています。

以前記事でも紹介した市街地にあるXin Chao Coffee & Barの階下を見てみると、小さなゴミ山が出来ていました。

過去記事で紹介しましたが、空き缶やダンボールや鉄くずというのは資源になって再利用できます。

急速に発展するリゾート地にはどこもゴミ問題という裏の顔が浮かび上がってくるのは仕方ないかも知れないけど、観光客の心がけで少なくとも島自体は清潔に保たれます。

ベトナム人が以前言っていましたが、ベトナム人は一箇所ゴミが捨てられているのをみるとゴミ捨場ではないと分かっていなくても次の人が捨てていきまた次の人が捨てていきという負の連鎖ができるようです。

大切なのは、最初の人がゴミのポイ捨てをやめること。ゴミのポイ捨てを見つけたら拾ってゴミ箱に捨ててあげること(これは難しいか)が大切ですね。

店舗やレストランの心がけとしては、必ずゴミ箱を設置してあげるといいですよ。

1日で店から出るゴミ以外にも通りすがりの観光客が空き缶やプラスチックボトルを捨てていくので満タンになります!

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。読者登録をしてくれている方が増えてきて嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です