【ばら撒き土産に最適!】Henk Chocolateの美人セールスマンに販売企画を交渉した結果

はい、どーもこんにちは山本ナオヤです。
持続可能なエコシステムを研究するようにビジネスも持続可能な経営システム・仕組みを考えることは重要!言うは易し行うは難し!笑

はい、と言うことで今回ですけどもスーパーなら当たり前の交渉ですが、ばら撒き土産に最適なコニカルヘット型のチョコレート会社Henk Chocolateのセールスマンに販売企画を交渉してベトナム最安値で販売できることが決まりました!

ちなみに8割の売上が日本人観光客で成り立っているホーチミンのタックススーパーでは、毎月Henk Chocolateの製品だけで100万円以上の売上が上がるらしいです。やばいな!

美人セールスマネジャーのDungさんがフーコックに営業に来る段階で、販売交渉をしたいとは思っていたので4号点のオープン前でタイミングもちょうどよかったです。

美人か否かは皆さんの判断にゆだねますね。

それでは、本日はHenk Chocolateの簡単な紹介と販売企画をお話します。

Henk Chocolateを知らない人のために

Henk Chocolateは2003年創業のチョコレート製造会社のようです。クチトンネルで有名なベトナム南部のCu Chiに製造拠点を有し、コニカルヘット型をしたチョコレートはお土産用のチョコレートとして現在高い人気を誇ってます。

ベトナム以外にもミャンマー、カンボジアや日本にもOEMで出荷しているようです。日間生産量はDungさん曰く、50トンもあるそうです。

僕の体重で770人分も1日に製造されているって半端ないな。

一応ウェブサイトもあるので気になる方はこちらもチェックしてみてください。

簡単に言うと、シンガポールにあるようなマーライオンの形をしたお土産用のチョコレート!よくある山積みにされたこんなチョコね!

ベトナム最安値で販売します!宣言

販売企画というよりは単なる値下げ交渉です!笑

4号店だけでタックススーパーの半分以上(50万円分)は売るんで、卸値5%でいいんで下げてください!

具体的にはこんな感じのパッケージの15個入りのチョコレートを“BUY 3 10USD”と言うのがイメージしている価格帯です。

店舗ごとに利益率20%切ってもいいんで安さで世界征服できるような商品を取り揃えたいというのが狙い!笑

ちなみに裏側にプリントされている製品表示の日本語と韓国語がグーグル翻訳使ってて崩壊しているのは大きな会社としては若干お茶目で面白い!のは僕だけかな。

・相対湿度って何やねん!
・突然、温度と湿度を変更することは避けてください。製品に直接輝く日光を避けてください。だって!
・用法:製品を直接使用します。って薬か!

中身はコニカルヘット型のチョコレートが15個入っています。この量で330円くらいで購入できるならお得?!に感じませんか?ご意見ください!

僕はもうちょっと綺麗な型取りをイメージしてたんだけど実物は写真のようにはいかないか…

販売個数1ヶ月で1515箱!結構むちゃくちゃな宣言した気がしてきた

そんなこんなで改めて検討してみると、1店舗で約1515箱を販売目標にするのは厳しい気がしてきたけど大丈夫かなあ…

ちなみに一応全コレクション仕入れるので、商品カタログをお見せしますね。チョコレートバー50gのミルクチョコレートは50円程度の予定なのでお手軽に購入できますよー!

どうでしょうか?気になる商品は見つかりましたか?

ちなみにホーチミンのタックススーパーで修学旅行生が爆買いしていたのを目撃したことあります。福岡有数の有名私立高校の修学旅行生約120名くらいいたから500箱弱は売れてたような。

ご購入希望の方は是非4号店でお買い求めを!気になる方はお問い合わせでも構いません。

まとめ

さて、来週くらいから本格的に4号店の棚卸しを始めようと思います!

今回紹介したHenk Chocolateがどんな展示方法になるか気になる方も多い?とは思いますが、是非ともそれはご来店後のお楽しみということで!

商品売れなくてあまりすぎると、日本一時帰国のタイミングでお譲りしたり、クリスマスにベトナムでばらまくのもありかなと考えていたり!笑

いずれにせよ、まずはちょこっと商売繁盛を願って応援よろしくお願いいたします。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!ブログのアクセス数が増加しているので少しでもフーコックに興味を持ってくれる人が増えたんだなと日々実感しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です