【ベトナム市場で仕入れ】世界一高級?なシーフードカレーをフーコックで自作して見た

はい、どーもこんにちは山本ナオヤです。
フーコック土産という市場とナイトマーケットぼったくりという既存の観念を価格破壊で壊したのがキングマート!次はBBQレストラン市場に参入して価格破壊を起こしたい!来年やろう!

はい、と言うことで今回ですけども2つサブトピックを用意しました。1つは、フーコックの台所と言われるユーンドン市場でシーフードの相場を伝えること。2つ目は単純にとりあえず高級材料でシーフードカレーを作って見たという馬鹿げた企画です。

ナイトマーケットやフーコックのシーフードの量り売り相場はこちらでお話ししているので興味のある方は合わせてご覧ください。

レストランの原価は3割というのは世界共通しているようで、ベトナムでもレストラン原価は3割までと言うのが定説となってるようです。

3割って誰が決めたか知らないけど、従業員のコストが圧倒的に低いベトナムと減価償却費もかからなそうなレストランが7割の粗利益を儲けると言うのはもはやぼったくりと感じるのは僕だけですかね?

話はそれましたが、漁師からの買い付けができるんでユーンドン市場の上がりを言うと鮮度抜群(その日仕入れ)のもので25%、翌日になって鮮度が落ちたもので20%で販売されてました。

生鮮品20%で販売するって凄いです!サイゴンのスーパーでも海鮮品は3割以上とってるところ多いです。

それでは、早速ユーンドン市場でシーフードを買って、高級シーフードカレーを作った全貌をご覧ください。

まずはユーンドン市場で海産物の仕入れ

まずはユーンドン市場ってなんぞやと言う人のために、ユーンドン市場は主に生鮮品を取り扱うフーコック最大の市場です。値札がないんで観光客にはちょっと難易度高めで、外国人にはちょっと高めからスタートして交渉できちゃいます!

実は今回自宅で高級シーフードカレーを作ろうと思って、ロブスターとシャコエビ大は欠かせないと思ってましたが、旧正月以外はロブスターを販売している売り子はいなかったので断念しました。

ちょっと注意点としては、シーフードを買うときは自分で選んでください。炎天下で販売しているので仕様がないんですが、平気で腐っているものを混ぜてくる悪徳商人はここでもいます。

まず今回の戦利品のイカとイイダコから!イカは1kgで200,000VND(1000円)で、イイダコは1kgで100,000VND(500円)でした。

次はシャコエビと上海蟹です。シャコエビが1kgで150,000VND(750円)で上海蟹が1kgで300,000VND(1500円)でした。

次は大型エビですが、1kgで250,000VND(1250円)でした。

最後に玉ねぎ、トマト、マッシュルーム、人参などの野菜を合わせて買って30,000VND(150円)でした。

それでは自宅で高級シーフードカレーに挑戦!

今回の戦利品です。カレーは日本から持ち込んだものです。全部で大体5000円くらいですが、今回は1人前なので全部半分以下くらいの量だけ使いました。多分日本でやると2万円くらいのカレーになるかなw

ちなみに僕はカレーはビールで煮込んで、隠し味にはヨーグルトと味噌とマスタードとチョコレートを使います。テレビとか雑誌とかで見たものを全部ミックスした結果です。笑

まずは生姜、マッシュルーム、にんにく、唐辛子、人参、玉ねぎ、トマトをみじん切りにして溶けるくらいまで炒めます。

別鍋でシーフードに火が通ったら、ビールで煮込みます。シーフードだから白ワインの方がよかったのかな?!

シーフードとビールを入れて、アルコールが飛んだろシーフードが硬くなるので取り出します。もうここまでくるとシーフードの出汁がめっちゃでたブイヨンみたいになってます。このまま飲んでもめっちゃうまいんでスパゲッティの方がよかったかなと後悔!笑

先ほど作っておいた野菜のペーストと一緒に20分くらい煮込んで上げた後、シーフードをお鍋に戻し入れます。

最後に固形のカレーの素と隠し味のチョコレート、味噌、マスタードを加えてあげると出来上がりです。

どうですか?これで不味かったら5000円キャッシュバッグしてやるって言う出来じゃないですか?笑

実食タイム!

とりあえずシャコエビの存在感が怪物級と言うね!笑

まずは、怪物から食べてみるが硬くて殻が割れないからハサミでちょきちょき半分に!味はエビと変わらないなw

次にカニを食べてみた。ここでちょっと問題がビールで煮込んだのでカニの甲羅の奥部にビールが浸透してカニの身を食べるとハイネケンの味がちょっとしたwてか上海蟹身がちょっとしかないくせに高いよー!

イカとイイダコとエビに関しては、安定のと言う感じだったので割愛。

総評としては、高級シーフードカレーまずいわけはないんですよね。食材がいいから!

ただ、カレーにすると勿体無い!

いわゆるカレーってマヨネーズのようにキラーフードって海外では言われるんですが、その通りでした。カレーに入れるとシーフードの旨味はあるまでも十分に活かしきれてない感じでした。

まあ、わかっていたけどガーリックとバターで炒めた方が100倍素材の味が生きる!ベトナム人曰く、オイ、チョイオーイ、ナオヤって感想でしたw

それでは本日も馬鹿げたトピックを最後までお読みいただいた方はありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です