【フーコックで肉を食い尽くす】海鮮飽きた!ベトナム式BBQで肉料理が食べられるおすすめレストラン

はい、どーもこんにちは、山本ナオヤです。
雨季は製造業でも売上が激減する説!

はい、ということで今回ですけどもフーコックで海鮮料理飽きちゃったという方向けにお手頃価格でベトナム式BBQとホルモン鍋を堪能できるレストランをご紹介します。

何と言ってもベトナム人は飲むの大好き!Quan Bo Toは本日もベトナム人観光客とローカル人で大変賑わってましたー。

こちらのレストランはチャンフンダオ通り”Tran Hung Dao”と言って市街にありますが、ナイトマーケットからは結構離れています。

フーコックはシーフードが特産すぎて、それ以外にお手頃で美味しい料理が食べれるところっていうのはほとんどありません。皆、シーフードビジネスに手を出したがりますが、Quan Bo Toのようにターゲットと戦略を変えることで必ず違ったニーズっていうものがありますね。

おおよそ20名以上のスタッフが働いていたので、こちらのレストランはいい成功例だと思います。それでは、ベトナムで流行りのBBQレストランの一部始終をご覧ください。

Bò Tơ Quán Phú Quốcとは?

というのはベトナム語で肉という意味です。日本人がベトナム料理と言えば、最初に思い浮かべるPho Bòというのは牛肉フォーですね。

つまりBò Tơ Quán Phú Quốcとは、肉料理を専門に扱うレストランということになります。トリップアドバイザーへの掲載はまだないみたいなので、フェイスブックページを共有しますね。

内装は至ってシンプルで、日本ではビアガーデンの雰囲気に似てますね。テーブルが並べられ1テーブルに1台の炭火焼が置かれます。

ホーチミンやハノイの都市部では昔から庶民の飲み屋としてこのような形式の屋外レストランはたくさんあります。このような炭火焼コンロが自分用に一台準備されているというのは嬉しいですね。肉を焼き始めるまで顔がめっちゃ暑くなるけど…

とりあえずスタッフおすすめの2品をオーダーしました

こちらのレストランの一押しは、肉BBQと牛のホルモン鍋ということだったのでとりあえず2品オーダーしました。ホルモン鍋は4人前ということなので、相当苦しかったですが。

まずは、こちらBe Lui Saと言ってレモングラスに肉が突き刺さったメニューです。レモングラスは東南アジアでは肉や魚の臭み消しとして一般家庭でもよく使われます。

ベトナムではスタッフがテーブルに一名配置され焼いてくれるのもいいですね。僕のテーブルに来た子は児童労働が疑われるくらい小さい子だったけど大丈夫なのかな?黙々と焼いてくれましたが、野菜は結構焦がされました。笑

これ美味しかったなー。ベトナムの牛ちゃんはフィシュミールや人口餌を食べないので、和牛の柔らかさはないけど噛めば噛むほど味がでます。和牛とはちょっと違うけど、それを割り切って食べるなら十分美味しくいただけますよ!

次は4人前の牛肉のホルモン鍋“Lau To Bo Quan”です。一応、牛肉のホルモンが嫌いな方は赤身部位だけの鍋を作ってくれると言ってました。ただ僕は、赤身よりもレバー、センマイなどのホルモンが大好きなので嬉しいチョイスです。

こちらは、野菜ときのこです。白菜ではなくこれはわさびリーフと草系の苦味が強い野菜の盛り合わせでした。締めのインスタント麺も2袋付いて来ましたよ!謎に生卵も2つセットで来ました。

こちらがホルモンの種類です。あんまり詳しくないけど、てっちゃん、レバー、センマイとコリコリしたところがありました。

この鍋ねスープもめっちゃ美味しかった。塩ベースで牛の出汁も出てて超美味しかったので、全部飲み干しちゃいました。きのこっていうチョイスもよかったなー。ここ最近ALLUVIAさんのおかげでシーフード続きだったから肉が珍しくて4人前でもペロリと完食できました。

Bò Tơ Quán Phú Quốcのメニューを紹介します

牛肉専門店で、肉BBQと牛肉鍋と一品メニューにサラダやフライドポテトなどのアピタイザーが少しあるだけです。

専門店だけでにベトナム語が読めると至ってシンプルなメニューで頼みやすいですが、ベトナム語がわからないと英語メニューないのでちょっと大変です。

簡単に言えば、表面はBBQメニューで肉の部位と味付けの仕方で別れています。スタッフ一押しは僕が紹介した120,000VNDのBe Luoi Saなので迷えばこれを注文しちゃいましょう。Tai Chanhというのが牛肉のお刺身を添えたサラダです。これも美味しそうでした。

裏面は、Xaoというのが炒め物で、Luocというのが茹で料理で、Lauが鍋物ですね。僕が注文したものはスタッフ一押しの250,000VNDの牛肉のホルモン鍋“Lau To Bo Quan”です。

まとめ

最後にお会計ですが、402,000VND(2010円)でした。明らかに3人分の量だったので、ちょっとお高く付いたけどクオリティーは満足でした。リピありのレストランとして要チェック!

ということで、シーフード料理に飽きたよ!とか最近都市部でも流行りのベトナムローカル式BBQが食べたいという方いれば行くべきリストに加えてみてね。きっと満足のいくお料理だと思いますよ。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。もしこの記事が気に入った方がいらっしゃれば読者登録ぜひよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です