【バブルか?】ベトナム最大規模のフーコックカジノ(CORONA CASINO)のオープンに先立ち人事マネジャーに色々話聞いてきた

はい、どーもこんにちは山本ナオヤです。
海外生活長いと寝ても覚めても食べ物の夢をみる説!

はい、ということで今回ですけどもベトナム最大級のフーコックカジノ”CORONA CASINO”のオープンに先立ち人事マネジャーのベトナム人に色々情報を伺ってきたのでお話したいと思います。

顔出しはオープン前でNGということだったので、写真は控えさせてくれということでした。グランドオープンは来月2018年の6月中旬を予定しているそうなんで、決まれば写真は掲載します。笑 ゲイなんですが、中国語、英語を完璧に暮れる若き野心家です。

一応、情報の信ぴょう性ですが彼とは2年くらい付き合いがありポジションは人事マネジャーです。ベトナム人ディーラーやアシスタントの採用活動に加えて、ディーラーの教育も行なっているそうです。クアンニン省にあるカジノで3年間のディーラー経験があると言ってました。

バブリーなフーコックのカジノ情報ご興味ある方はご覧ください。


CORONA CASINO & RESORT施設の立体図

CORONA CASINOに転職したと聞いたよ。賭け事好きだから色々教えてね。
Tさん
そう。人事マネジャーのポジションだけど色々挑戦的で楽しいよ。主に採用活動で出張したり、ディーラーの教育をしています。
え?そもそもだけど、ディラーているの?よくある機械だと思ってたんだけど。
Tさん
いやー、ディーラーアシスタント含めると500人弱は採用しているよ。ちなみにCORONAに併設しているスパとかプールとかホテル含めると従業員数1300人超えてるからね。
え?マジで?そんな最初から大きくやるんや。大丈夫なの?笑てか、ベトナムってディーラーやれる子とかっているの?
Tさん
経験者は一部クアンニン省というところに大型カジノがあるからそこからの引き抜きが一部いる。ただ、ほとんどのスタッフはホーチミン、ダナン、ブンタウから連れてきている。初心者ディーラーは約3ヶ月間の研修を受けることになっているよ。僕もディーラーの指導に今は当たっている。
マジか?で、どんなプレーができるの?
Tさん
ルーレット100台に、ブラックジャック、ポーカー、バカラ、大小(Sic Bo)とか基本的にアジアにあるカジノにある種類は全部できる。あとは、スロット台も1000台用意されてる。
想定外の規模なんだけど、入場料とかって取られるの?
Tさん
外国人は無料。ただ、ベトナム人の入場料は一律1,000,000VND(5000円)が徴収される。
ベトナム人でも一応入場できるんだね。韓国のカジノとかだとそもそも入場さえ許されてないから社会主義だし入れないと思ってた。
Tさん
一応ベトナム政府は賭博を推薦したくないから一部の富裕層にだけプレー許可を与えるために1,000,000VNDを徴収する予定です。カジノの目的が外貨獲得と観光客誘致だしね。
5年以上の大型プロジェクトらしいけど、カジノ以外にも複合型施設としてプールとかスパも入るんだよね。
Tさん
そう。370,000平米の土地にカジノが、18,800平米で2階にプールがあります。4つ星のホテルが1440室と5つ星のホテルが2000室程施設内に建つ計画です。その他にもオペラハウスやスパやショッピングセンターが併設予定です。
さすが、VINグループ国内最大の財閥企業だわ。そういや前インドネシア人がそこのスパの指導をしてるとかでKING MARTに来てくれたわ。Shells Spaだったかな?

という流れで、ベトナム最大級のORONA CASINO & RESORTの最新情報を伺いました。規模の大きさにとにかく僕は驚きました。

見込客は直行便が出ている中国人らしいのですが、それほど観光客くるかなぁ。しかも中国バブル一時停滞中だから昔みたいにカジノで大きな賭けに出るのか疑問です。

あとは、彼と話してる最後に“You can come for fun but you cannot win in casino. You know WHY?”とか言われたのが気になります。笑

まあ確かにカジノは掛け金が15倍くらいにはなったことあるけど、長い目で見れば収支マイナスなはずだしそれはわかってるよ。ただ、ディーラーの方にそれを言われるとやっぱりカジノでは勝てないのか…

ただ、オープンしたら「掛け金10万円持ってカジノで勝負して来た」くらいは企画でやろうと思います。どうせ中は撮影禁止だろうからカジノって全くトピックとしては全然面白くないだろうけど。

こちらのCORONA CASINOの公式ホームページもまだ情報少ないけど、気になる方はご覧ください。

人事マネジャーにワンチャン頼み込んでサムネイルの画像にこんな感じの画像撮りたかったけど部外者まだ入場禁止なんだって。

これからどんどん大手グループ企業の投資が進むフーコック!ベトナム初の6つ星リゾートホテルの建設だったりこれからどんどん熱くなる都市だと思います。

リスクを取れない日本の旅行代理店さんへ!中国、韓国、ロシア、タイはすでにチャーター便直行で出てます。ベトナム国内線とか主要3社だけで1日合計で20便以上はホーチミンから飛んでます。

フーコック国際空港はまだまだ増設しています。フーコックはそれ以外にも1ヶ月のノービザエントリーを外国人にベトナム政府が認める特別区に指定されています。

今年度はニャチャンにチャーター便の運行を成田から決めた旅行代理店があるみたいですが、ニャチャンはもう落ち目だと思ってます。5年前ならよかったけど。

それでは、長くなったので本日はこれで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が気に入った方がいれば、ぜひ読者登録もよろしくお願いします。フェイスブックページへのいいねも絶賛歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です