【食レポ】フーコックローカル人推薦のBúp Restaurantに行ってみました

はい、どーもこんにちは、山本ナオヤです。
日本からの社員旅行でフーコックを選択する会社はなかなかの情報通!

はい、ということで今回ですけどもフーコックのローカル人に人気のBúp Restaurantに行ってきました。以前、お会いした日本人の観光客のご夫婦もホテルのクラークに進められたということで結構知名度あるみたいです。一応、トリップアドバイザーもご参考にどうぞ!

ナイトマーケットから徒歩だと15分タクシーで3分くらいの距離なんでアクセスは便利でした。そもそも前提条件としてローカル人ってナイトマーケットは高いという思い込みがあるんでナイトマーケットのレストランを知らないし進められることはほぼありません。

ただ、一部の格安シーフードレストランを除いて、ナイトマーケットは競合がひしめきあうので値引きもしやすいです。あと、シーフードの量り売りの場合はナイトマーケットの方がだいぶ安い場合多いです。

それでは、Búp Restaurantの人気の秘密を探りに行ってきたので一部始終をご覧ください。

ひよっこシーフードレストランBúp Restaurantとは?

Búpというベトナム語をご存知ですか?若い男性が結構使うんですが、英語でChickとかに近い意味合いだと思います。親しみを込めて若い女性に対して使ったりします。時には文字通り、ビビりな男性とかにもひよっこの意味で使われたりもします。

名前の由来は従業員に聞きましたが、詳しくはわからないみたいです。ただ、おすすめメニューに“Gà tiềm ớt hiểm”という鶏鍋が有名みたいんでそこから来てるんじゃないかなということです。

それはともあれ内装は結構コージーでいい感じです。緑の人工芝を壁に貼り付けていて目に優しいです。生きているシーフードの値段を書いた看板の前でとりあえず記念撮影しときました。27年間カメラが大嫌いだったので、未だに写真撮影されるのも撮るのも慣れてません。自撮りはもっと嫌いです。

てか、このレストラン生きているシーフードはナイトマーケットより高いですね。ナイトマーケット以外のレストランってどこでもそうなんですが、ここで大きく儲けようとしている魂胆が見え見えです。どれくらい高いかというと1kgあたり、750円から1000円くらい高いです。

余談ですが、生きているカニとかロブスターとかえび食べたいならナイトマーケットに来てください。僕が最安値にできるところ紹介してあげます。

中の様子ですが、ちょっと時間が遅かったか空いていましたが普段は満席です。

とりあえずおすすめマークが付いている3品をオーダー

とりあえずメニューにおすすめが付いているマークの一品メニューを3品オーダーしました。ベトナム人の知人と来たんで、だいぶベトナム人よりのオーダーになってるのかな。まず僕は貝が苦手だから頼みません。笑

ốc hương hấp sả

ベトナム人はとりあえずこのカタツムリみたいな貝のレモングラス茹でが大好きなんだよな。従業員の飲み会でも絶対これは決まってオーダーされるからな。500gで360,000VND(1800円)出すなら本音としては他のもん食べたい!まあ身を楊枝でくり抜いて食べるの慣れれば美味しいけど…

mì xào hải sản

こちらは定番のベトナムメニューのシーフード焼きそば!インスタント麺を使ってるけど、これが結構美味しいだよなぁ。塩焼きそばに近い感じの味付けですよ。109,000VND(504円)とかなんでナイトマーケットよりは若干安いかな。

bò cuốn lá cải xanh

これは焼肉ときゅうり、人参とかをマスタードリーフに巻いて食べるお料理です。これ珍しいしコスパ高いんでありだったかな。値段も109,000VND(504円)だからお得なのかな。スネール貝が好きな謎だわほんと。

Búp Restaurantのメニュー

食レポと言えば、やっぱりメニューなんで公開しときます。ピンクでアンダーラインつけた“Gà tiềm ớt hiểm”という鶏鍋が一番人気のメニューです。ただ、横で食べていたベトナム人の皿をみると鳥の顔つきで焼いたものがプレートに乗っていてうわっ!ってなったのでオーダーやめました。

ただ、“Gà tiềm ớt hiểm”確かにオーダーしているベトナム人多かったから美味しいのかな。結構量多かったので、2人とかで行って挑戦してみたいという方はそれだけで大丈夫です。

挑戦したよーという方がいればコメントください。ネットでイメージ画像検索するとこんな感じの量でした。おいしそーー!!かな?!

ということでメニュー貼っときます。

まとめ

最後に会計ですが、3品で449,000VND(2500円)くらいでした。まー、コスパ悪いと思うけど、ローカル人は“Gà tiềm ớt hiểm”という鶏鍋を求めていくのかなぁ?!

味は美味しかったけど、わざわざナイトマーケットを外していくところでもないなというのが正直な感想です。一品メニューをそれほどナイトマーケットと値段変わらないし、量り売りに関してはナイトマーケット以上だし。

ということで、今後ローカル人にBúp Restaurant進められたら、“Except that. I know this.”とか言っちゃいましょう。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。もしこの記事が気に入った方がいらっしゃれば読者登録ぜひよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です