フォー嫌いの僕が最強のベトナム麺フォーのアレンジレシピを考案してみた

はい、どーもこんにちは山本ナオヤです。
ベトナムでは卵は常温で保存するとすぐ腐る!腐乱臭は硫黄より臭いと思う。

はい、ということで今回ですけどもベトナム麺のフォーをアレンジして最強のレシピを作ろうと思います。実は僕は一般的なフォーは獣臭がして苦手というか東京駅の八重洲出口付近にあったレストランで1回しか食べたことありません。

ブログをご覧いただいてる方の中には絶対お前作れんやろというツッコミが入ると思うので、最初に言っておきます。このレシピはメイド歴20年以上のお馴染みのおばあちゃん直伝をちょっと改良したものになります。

ちなみにフォーのアレンジレシピを聞き出すまでにかなりの格闘がありました。アレンジというのが全然伝わらず、例えばフォーにチーズを入れたりカリーを入れたりとかで例えるとÔi trơi ơi(オイ チョイ オイ)を連発されました。ベトナム語でオーマイゴッシュ!で結構実用性あるんで、ベトナム人の友達ができたら使ってみてください。

ちなみに今回のレシピの材料において、日本で入手が難しそうな素材は省いたので気に入った方が入ればご自宅でも作ってみてください。

コンセプトとしては、不器用で料理初心者の僕でも作れたから誰でも簡単に作れて美味しいというのを目指してます。

お土産にぴったりベトナムで購入できる材料

まずは、このトピックでは恒例のお土産にぴったりベトナムで購入できる材料の紹介から。ベトナム土産と言えば、KING MARTというくらいの影響力を持ちたいですがそこに至るまでには資金もありません。覚悟はもっとありません。笑

ということで、とりあえずフーコックに来た際にはお立ち寄りください。下記の材料全て調達できます!

ベトナムで揃えると安いもの
・ベトナム醤油
・パクチーソルト(Phu Quoc Sea Gift)
・SATE TOM(エビラー油)
・フォーの乾麺

あとで紹介しますが、その他のものは日本で購入できるものばかりです。醤油も日本のもので十分代用可能ですが、ベトナム料理なんでベトナム醤油使いました。ちなみにこのSATE TOMとVIFONのPHO BOはベトナム土産の定番のようですね。

材料

まずはお馴染みのユーンドン市場で、材料の調達をしました。ただ今回は豚ブロックが家にあったんで、買ったものはセロリとごま油のみです。

こんな感じです。

文字で材料を書き起こしたのがこちらです。

 材料(一人前)
・豚ブロック
・フォーの乾麺(今回はエースコックのPho Bo)1袋
・紫玉ねぎ 1個
・セロリ 少々
・にんにく 一片
・生姜 一片
・唐辛子(なくても良い) 1個

つけだれ(目分量)
・鶏ガラスープの素 大さじ1
・パクチーソルト お好み
・醤油 大さじ1
・サテ 大さじ1
・ごま油 大さじ1

 

つけだれはだいぶ目分量なんですが、多分これくらい入れれば大丈夫かなという量で記載しました。料理初心者なので、大さじという表記に信ぴょう性はないことはご理解くださいますようお願いいたします。笑

汁なしフォーの作り方

まずはにんにく、生姜、セロリ、紫玉ねぎをみじん切りにします。色鮮やかで絵になりますね。

次に豚ブロックを茹でます。

豚ブロックを茹でてる間に、つけだれの準備をしましょうと言いたいところですが料理初心者の僕はそんなに容量が言い訳もなく、豚ブロックの茹で具合をチェックする作業に必死でした。ここに出てくるパクチーソルトは、6月頃から日本のフリマで出品してみようと思うので気になる方はお買い求めください。

つけだれはこんな感じの出来です。めっちゃうまそうじゃないですか?正直ここまでくると料理の才能あるんちゃうかなと思い出して来ました。

最後の行程ですが、フォーの乾麺を茹でます。付属の粉末スープの素を捨てるのもちょっと惜しいですが、今回はアレンジレシピなんで捨てました。

茹で時間は、料理初心者の僕はインストラクションにしたがって3分間きっちり茹でました。ちなみに灰汁は豚の茹で汁を使ったため大量に出てます。笑

茹で上がりました。

こちらに、先ほど準備した豚ブロックをカットしたものと、彩にセロリをちょこんと載せました。

久しぶりの自炊でテンション上がったんで一枚記念に撮りました。今まで自撮りしなかったんで気づかなかったんですが、人間というのは左右顔の向きに自信がある方が必ずあると思います。僕はいつも意識せずとも左から撮ってしまいます。

いざ実食!

おばちゃん曰くまぜフォーらしいので、現地の慣習に従い混ぜました。

それでは、一口。マジで最悪な食レポになりますが、これまいう〜です。フォー嫌いの僕なんですが、ガーリックとセロリとパクチーがいい感じのハーモニーを口の中で演出してくれます。

ただ、パクチーソルトか鶏がらスープの素を入れすぎたか少し塩辛かったです。ただ、豚肉と絡めるとちょうどよくなりました。多分パクチーソルト調子に乗って入れすぎちゃったかな。

まとめ

めっちゃ激ウマだったので、フォー嫌いの僕でも一瞬で食べ終わりました。フォーはスープありにすると臭さが苦手なんですが、これはいけます。

料理初心者の僕でも多分15分くらいでできたので、主婦であれば3分クッキングレベルの簡単さだと思います。日本で揃えにくい材料もあると思うんで、今度6月くらいに帰国するときにフリマで現地の値段で売ってみようと思うんで気になる方は買って挑戦してみてください。

2018年ベトナム風サンドイッチのバインミーで火がついたベトナム料理への期待感!僕は日本でもしかしたら空前のブームが起きるんじゃないかなと思ってます。笑

まあ冗談なんですけど、一週間に一回くらいは未来のお料理パパになるためにベトナム料理に挑戦して行こうと思います。

もし、この記事が気に入ったという方がいればいいねと読者登録とかしていただければ嬉しいです。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    夏休みにフーコックへ旅行を予定しており、ブログを毎日、楽しみに拝見しております。
    もうすぐ3号店の開店楽しみですね。
    この記事にお書きになってる、日本のフリマの開催地はお決めになってらっしゃるのでしょうか?
    関東でしたら、是非買いに行きたいと思っております。

    • はじめまして、山本です。
      コメントありがとうございます。
      3店舗目なので、大きなワクワクもなくたんたんと準備に勤しんでおります。6月末にまで開店は延期しそうですが、頑張ります。

      フリマは土地を借りて出店と言うよりは、オンラインで泥棒市場みたいなものを自社製造の商品で考えてます。(泥棒してるわけではありません笑)転売ではないので、現地と同水準の小売価格で販売してみます。ただ、調味料を送る際に4cm幅を上回ると送料が嵩むので、現在カルディさんのようなプラスチックパッケージを作ってます。

      製品が形になり次第、写真を撮ってウェブに掲載いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です