【ブラックカードの闇】ベトナムでブラックカードを召喚したので条件諸々公開してみます

こんにちは、山本ナオヤです。
お陰様で、昨日は日間1000PVを達成したようです。風にも負けず、雨にも負けず、時には誹謗中傷にも負けずこれからもこつこつ更新していきます。

本日はベトナムで定期預金したついでに、ブラックカードの申請も行ったので条件諸々公開してみようと思います。まあベトナムではブラックカードイコールプラチナカードやプレミアムカードと同義で使われます。ブラックカードってそもそもベトナムないんじゃないかな。ちなみに定期預金のお話はこちらでしています。

【年利6.7%】ベトナムの国営銀行BIDVに125万円相当を定期預金してきた

2018.04.28

さて、話飛びましたがクレジットの日本語訳は信用です。ベトナムではめっちゃ簡単な信用カード(クレジットカード)を発行するのは日本のように簡単ではなかった。しかもデビットカードが主流みたいで、銀行のスタッフすら手続きに付いて本社に確認しだしたから面倒だった。手続きくらい覚えろよ行員が!と顔を見ては言えませんでした。笑

ブラックカード発行したいって言ったら別室に移動

ブラックカード発行したいですって挑戦的に言ったら別室に通されました。別室なんてこのBIDV銀行にあるって初めてここで知りました。一応別室の前で記念撮影しときました。

中にはコンピューターがいっぱい並んで社員が5名ほどいました。そこで、ブラックカードの発行条件とどの方法で行くかとか必要書類の説明をされました。必要書類は、居住許可証と査証とパスポートがいるみたいだったので居住許可証だけ急いで準備しました。

ブラックカードの発行条件

ブラックカードの発行条件は主に3つありました。3つのいずれかの条件を満たせば構いません。多少の違いはあれど、他銀行でもほぼ同様だと思います。

発行条件その1

最低6ヶ月間以上、継続して1ヶ月の給与が200,000,000VND(およそ100万円)以上振り込まれていること。

こちらはベトナムでは外国人以外はほぼ不可能な給与水準じゃないかと思います。会社勤めで月100万以上もらっている人とかいるのかなぁ。所得税がごつそう。

発行条件その2

会社を所有しており、最低6ヶ月以上継続して、顧客から月250,000,000VND(およそ125万円)以上の取引があること。BtoCの場合は、クレジットカードの取引額も同額以上で可能。

こちらの発行条件を満たすのは会社を持っている方であれば楽勝です。特にBtoB取引の工場であれば楽々ちんです。

ただ、僕のお客さんは韓国の貿易会社とベトナムの国営会社以外の顧客は全て個人口座からの取引だったみたいで条件ギリギリでした。個人間取引の場合は、赤領収書発行しなくていいから税金払わずに済むんですよね。

発行条件その3

定期預金を600,000,000VND(およそ300万円)以上で組んで、担保としてクレジットカードの有効期限が切れるもしくは退会するまで銀行に預けること。

これは銀行にとっては最も貸し倒れがない条件と言えるのではないでしょうか。もし300万以上のお買い物をクレジットカードでしない限り、貸し倒れが起こりませんもんね。

まとめ

要は、お金の信用を得難いベトナムでは上限ほぼ無制限のブラックカード(プラチナカード)の発行のハードルは結構高かったです。ただ、日本のようにゴールドカード保有歴何年以上とかいう制限がないだけ楽でした。

高額な年会費もかからないので所得するだけだったら結構誰にでもできるんじゃないかな。女性のみなさんわかってもらえたと思います。これが東南アジアのブラックカードの闇です。正直会社経営して入れば、発行条件その2は楽勝です。ブラックカードだからお金持ちとか思ってついて行くとひどい目にあいます。見栄だけのヤリチン野郎です。

もし、東南アジアの銀行で発行したブラックカードをもっていても、これ私でももてるって聞いたよと言ってください。発行条件その3の300万くらいの余剰資金くらいなら結構持ってる方いると思います。

ちなみに申請には一週間かかるみたいなので、今待ちの状態です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です