【年利6.7%】ベトナムの国営銀行BIDVに125万円相当を定期預金してきた

はい、こんにちはー、山本ナオヤです。
ベトナムの銀行では定期預金率が信じられないくらい高いんです。年利6%から7%とか当たり前です。ということで、本日は実際にベトナムの定期預金講座開設を目的にベトナムの国営銀行BIDVに行ってきたお話です。

そもそもなんで高金利なのか?

ベトナムのような発展途上国では、インフレ対策の一貫として高金利政策をうってます。ベトナムでは過去にインフレ対策として数多くの利上げを行ってきたそうです。国民の所得水準が低いベトナムでは、インフレが進むと一気に国民の生活が厳しくなって政府への不満が募るでしょう。なんで、銀行金利を高く設定することで国民の不満を少しでも和らげています。

てか、日本て当座預金でも限りなく年利も0%に近いんで銀行に預けてお金を増やそうとかいう人はいないですよね。僕は小学生の時にお年玉をゆうちょ銀行に預けていたんで10円増えているとかテンション上がってたのは覚えています。金利が何%か知る由もなかった僕は、一千万円とか仮に預けたら億万長者になれるんじゃないかとかいう淡い期待はありました。笑

ベトナムの国営銀行BIDVの金利はいくら?

BIDVの金利は1年間預金した場合は、2018年4月現在では6,7%でした。ちなみに、BIDVの金利は公式ホームページでいつでもチェックできるので気になる方はリンクに飛んでみてください。ちなみに5ヶ月から36ヶ月まで最高選択できるようで、期間が長ければ長いほど金利も高くなります。5ヶ月の場合は4.8%で、36ヶ月の場合は6.9%の金利が付くっぽいですね。今回用意した250,000,000VND(日本円で125万相当)の場合は、一年後に引き出して16,750,000VND(日本円で8万3250円相当)がもらえるってことですね。

正直、日本の中古マンションとかの利回りって6%とかなんで管理費とか維持費とか考慮すれば低リスク低リターンの投資としてはベトナムの預金口座投資が全然いいと思いまっせ。

定期預金講座を開設する手順

ベトナムで定期預金口座を開設する手順は、ベトナム在住者で普通預金口座を持ってる方なら超絶イージーです。正直追加で準備するものは何もなかったです。窓口に出向いて、必要書類にサインするだけでした。もしかすると、僕はヘビーユーザーで居住先の住所もパスポートナンバーも全てあちらの管理下にあるからかもしれませんが。普通はパスポートくらいもしかしたら必要だったのかな。

法人口座から定期預金口座に移せば終了ですが、今回はブロガーなんで現金を用意して手渡しました。とりあえず、500,000VND(2500円)が最高紙幣のベトナムは125万円相当でも結構ボリューミーになっちゃいます。

こちらを無くさないように1年間キープするようです。悲しいかなお金が紙切れ一枚の信用になった瞬間です。

まとめ

そもそもこんなのが皆さんの役にたつかもしくは面白いトピックなのか悩みましたが、今回は一応参考までにアップしてみました。旅行者の方でも口座開設を請け負うサービスとかもあるようなんでよければご紹介しますが、マネーロンダリングの闇なんでね真っ当に生きたい方にはお勧めしません。

ただ、ベトナムの年利の魅力は皆さんも十分わかってくれたと思います。これをきっかけに東南アジア移住とか起業とかのきっかけに少しでもなったら嬉しいですね。東南アジアは物価以外にも魅力あるんだぞーー!最後にバンカーにこの七福神のような木彫りジロジロみてると100万円て言われたので演技を担ぐためにも記念撮影させてもらいました。笑

2 件のコメント

  • 日本も昔のように3%〜5%の金利があれば、投資で利回りを追求しなくても、いいのになあと思います。あっ、その場合はインフレで物価上昇もあるから実効利回りはは微妙ですね。

    • 日本も昔は金利高かったんですね。ベトナムはインフレ対策の他にも外貨獲得のためにも金利高く設定されてるようです。日本では銀行に入れていてもいれ損になるので投資方法を考えなくては行けないですね。フーコックは土地も今熱いようです。銀行に行くといつも大金を引き出したり入金したりしている金持ちベトナム人を見かけます。土地バブルはそのうち崩壊しそうですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です