【絶対食べてもらう】ベトナムネズミの捕獲大作戦を決行しました。

こんにちは、山本ナオヤです。
ベトナムでは田ネズミを食らう文化が一部の地域であるみたいです。Dac San An Giangと言われてるよおで、アンザン省ではネズミ食は別に変わった風景では無いようです。フーコックでも旧正月のテト前に田ネズミをガスバーナーで火あぶりにしているベトナム人を見かけたことあります。実は、僕も大学時代に解剖学と言う授業でネズミや鳥の皮膚をはいで骨だけにしたくらいの経験はあるんであんま抵抗は無いかも。

ちょっとグロいので女性の方は目をつぶってください。非難殺到すればモザイクかけます。

本題ですが、本日はある約束をおばちゃんとしてネズミ捕獲大作戦を決行した一部始終をお話しします。約束の内容は、「僕がネズミを捕獲できれば食べてねと言うだけのことです。まあ、パワハラではなくおばちゃんにとっては全然普通のことのようで笑ってました。

ナイトマーケットと言う立地の故に、僕の店もネズミの被害が尋常じゃありません。とくに、自社商品のシーフード系の乾物はネズミにとって最高の好物な模様。こんな感じで荒らされちゃいました。皮肉なことに彼らは歯が強いので、プラスチック素材でも簡単に穴をあけます。

倉庫を掃除してから、2種類のネズミトラップを仕掛けました。1つは、旧式になってこちらの生け捕り方式を採用しました!おばちゃんが食べるのはこの生け捕りのみなので、こちらでの確保を望みます。

もう1つはこちらのネズミホイホイに近いタイプです。粘着シートが一旦とらえたネズミは放しません。ただ、ベトナムのどでかいネズミならこれくらいなら自力で脱出できる気がしますが…

イメージはこんな感じで捕まります。以前、こちらのトラップで捉えた写真になります。ざまあ見やがれ。動物愛護の方がいらっしゃれば申し訳ございません。思慮を欠いた言動と写真を失礼いたします。

おばあちゃんには絶対ネズミをプレゼントするんで皆さん続編を楽しみにしてくださいね!また、ネズミを食べてみたいと言う方がいればタイミングによっては振る舞えるかもしれませんのでお問い合わせください。

こうしてる間にも捕獲に成功しているかも知れないので店舗にいって見ます。もしブログが気に入ったと言うかたがいれば読者登録もお待ちしております。

↓こちら店舗情報です。

基本情報

店舗名 KING MART
住所
●1号店 78 Bach Dang street, Duong Dong, Phu Quoc(Tinh Thanhというレストランの向かい)
●2号店 98 Bach Dang street, Duong Dong, Phu Quoc(Phu Quoc Oiというレストランの向かい)
営業時間
1号店15:00〜22:30 ●2号店 9:00〜23:00

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です